SUS304からSUS443CTへ

従来のステンレスシンクやワークトップカウンターの主流はSUS304となっていますが、ニッケル系ステンレス鋼でありニッケルの価格変動など影響が考えられています。今後、取扱い製品においてSUS443CT(クロム系ステンレス鋼)へ移行することが予想されます。(一部443CTに変更になっている製品もございます)

SUS443CTの特徴についてはJFEスチール(株)の参考資料をご確認ください。

【ご注意】横浜市内の模倣サイト「オリジナルキッチン・【SELECT】original-kitchen」と称した業者と弊社は一切関係ございませんのでご注意下さい。また、弊社楽天ショップに掲載の商品をコピーした偽装サイト(wezsvmes)が確認されています。こちらをご覧の上お間違えの無い様、ご注意をお願いいたします。