オーバーシンクの取付け方法

オーバーシンクの取付方法

オーバーマウントシンク各シンクメーカーによって異なりますが一例をあげさせていただきます。
(画像をクリックすると拡大表示します。)

アンダーシンクの取付け方法はこちら

CKシリーズ A1m/m・HLm/m・YMEシンクの場合

オーバーシンクの取付金物1(1)カウンタートップの開口にオーバーシンク(流し)をはめ込みます。
開口寸法はシンク現品にて確認してください。先行して開口する場合の型板のご用意はございませんが、クリアランスなどの情報は機種により若干異なりますので、都度お問合せください。シンクセット前にカウンター開口の縁にシリコンコーキングを入れることをお勧めします。(シンクとカウンターの隙間からの水漏れを防ぎます)
(2)シンクはめ込み、左図の様に取付金具をセットします。下からの作業になりますので少しやり難いです。

オーバーシンクの取付金物2(3)カウンターの下から左図の様に取り付け金具のネジを締めてシンクとカウンターを引き寄せます。あまり強く締めすぎるとツメの部分がカウンターから逃げてしまいます。シリコンコーキングで固定はできますので、補助金物としてお考えください。
(4)固定が終わりましたらシンクとカウンターの隙間にシリコンコーキングを入れてください。(マスキングテープもお忘れなく)

オーバーシンクの取付金物3取付金具(フック)について
標準的に左図のK-4タイプをお付けしておりますが、カウンター厚さが20~29mmと薄い場合K-2タイプがご指定いただけます。K-2タイプは高さが18mm(左図で28mmの部分)となります。

ISシリーズ VO・GO・AOシンクの場合

オーバーシンクの取付け方法(セントラル)

(1) 六角ボルト①をU溝に差し込む。
(2)ワッシャー②・六角ナット③で固定する。
(3)カウンターにシンクを載せる
(4)下から止メ金具④を蝶ナット⑤でセットする。

SHシリーズの場合

オーバーシンク取付方法(SHI) (1)止め金具をブラケット穴にセットする
(2)止め金具のツメを90°回転させプラスドライバーで締め付けます・

※対応カウンター厚30~35mmです。それ以上厚い場合はシンク廻りのカウンター厚を加工して取り付けてください。

アンダーシンクの取付け方法はこちら

【ご注意】横浜市内の模倣サイト「オリジナルキッチン・【SELECT】original-kitchen」と称した業者と弊社は一切関係ございませんのでご注意下さい。また、弊社楽天ショップに掲載の商品をコピーした偽装サイト(wezsvmes)が確認されています。こちらをご覧の上お間違えの無い様、ご注意をお願いいたします。