キッチンの床材

 フローリングやクッションフロアが一般的ですが樹脂系タイルもお勧めです。テラコッタタイルも人気ですが素焼きのテラコッタはしみなどの汚れに注意が必要です。

木質フローリング

 フローリングは大きく分類すると合板材と無垢材に分けられます。
 キッチンの床材は水や油などの汚れやシミの付き難く、お手入れが簡単な方が良いでしょうが、ダイニングやリビングと一体になったオープンキッチンではインテリア性にも配慮が必要です。木質フローリングが使用しやすい材料でしょう。合板フローリングについては表面強度や化粧薄板の厚みを比較して選定すると良いでしょう。

コルクタイル

 キッチン作業では横方向への移動も多くなります。疲れ難い素材としてクッション性の高いコルクタイルも人気があります。水などに強くするため樹脂系の表面処理加工を行った製品もあります。(クッション性は未処理品よりも硬くなります)

磁器タイル

 タイルの耐水性やメンテナンス性は他の材料よりも優れています。表面仕上げの状態にによっては汚れの付きやすいタイルや滑りやすいタイルもありますので、必ずサンプルで確認しましょう。表面が硬いので食器などを落とすと割れやすい欠点があります。また、ワゴンなどキャスター付きの家具を使う場合、目地との段差で動きが悪くなる場合もありますので、30cm角など大きめのタイルが良いでしょう。また、下地が合板などの場合たわみやゆがみなどが起きると目地割れやタイル自体にヒビが入ることもありますので合板の2重張りなどしっかりした下地が必要です。

天然石

 タイルと並んで天然石も使用されます。目地を出さないこともできますのでタイルの様な目地の段差も気にならず、高級感もあります。タイル同様に、表面が硬いので食器などを落とすと割れやすい欠点があります。また、空調方法や設置階によっては足元のヒヤット感が気になることもありますので、木造住宅の1階などは床下の断熱工事にも配慮しましょう。タイル同様、下地をしっかり作ることも忘れずに。

天然石:御影石ギャラリー

テラコッタ

 柔らかな表情の素焼きテラコッタには魅力がありますが、水や油などが必ずはねるキッチンでは素焼きはお勧めしません。一旦汚れが付くとしみ込んで落とすことは難しくなります。また、表面が硬いので食器などを落とすと割れやすい欠点があります。撥水材処理などで、ある程度はしみ難くなりますが、完全ではありません。

樹脂系タイル

 TAJIMA ホモジニアスタイル:マティル耐水性やクッション性、メンテナンス性を兼ね備えた樹脂系タイルはクッションフロアでは気に入らない方にお勧めです。組成は同じでも高級感がありタイルのような目地の問題も無く、使いやすい材料です。

クッションフロアー

 キッチンや水まわりの床によく使われるクッションフロア(CFシート)です。耐水性が高いのですが、施工方法によってジョイント部分や幅木の取り合い部分が剥がれてくることがあります。シーム材で溶着するのが基本ですので工事業者にジョイント部分の処理を依頼する必要があります。

【ご注意】横浜市内の模倣サイト「オリジナルキッチン・【SELECT】original-kitchen」と称した業者と弊社は一切関係ございませんのでご注意下さい。また、弊社楽天ショップに掲載の商品をコピーした偽装サイト(wezsvmes)が確認されています。こちらをご覧の上お間違えの無い様、ご注意をお願いいたします。