ステンレスの錆について

ステンレスシンクは錆びないと思われている方も多いのではないでしょうか?ステンレスは、表面に酸化被膜(保護膜)をまとった錆びにくい金属ですが、ご使用法などにより錆びる事があります。

錆の原因

塩素による錆

  • ・塩素系洗浄剤(漂白剤、パイプクリーナーなど)
  • ・塩素系のヌメリ取り剤
  • ・塩分濃度の高い食品(しょう油)

※塩分の付着などの汚れを長時間残さないように使用後は水で洗い流してください。

もらい錆

  • ・ステンレス以外の異種金属と長時間接触(ヘアピンや包丁、金属タワシや缶詰)
  • ・傷がついた表面に酸性やアルカリ性の強いもの(レモンやお酢、重曹等)が長時間接触することで保護膜の形成を妨げ、錆につながる恐れがある

※長時間金属類を放置しないようにしてください。
※酸性やアルカリ性の強いものを長時間残さないように使用後は水で洗い流してください。

錆が発生してしまった場合

錆が発生したりもらい錆が付着した場合は、そのまま放置するとさらに進行するので、粒子の細かいクリームクレンザーなどで早めに取り除いてください。錆がひどい場合はクリームクレンザーで一定方向に磨いてください。

なお、国民生活センターのテスト結果の報告もされていますのご覧ください。こちらから(PDF)

【ご注意】横浜市内の模倣サイト「オリジナルキッチン・【SELECT】original-kitchen」と称した業者と弊社は一切関係ございませんのでご注意下さい。また、弊社楽天ショップに掲載の商品をコピーした偽装サイト(wezsvmes)が確認されています。こちらをご覧の上お間違えの無い様、ご注意をお願いいたします。